杉並・中野で相続手続き、遺産相続、遺産分割協議書、名義変更、遺言書作成サポート!
杉並・中野相続サポートセンター
TEL: 0120-317-080
平日 9:30~19:30

三鷹市で相続相談をするなら杉並・中野相続サポートセンターへ

三鷹付近で相続に詳しい専門家を探したい場合や、相続について相談できる窓口をお探しの方に、三鷹で利用可能な相談窓口の情報をご案内します。実は、相続のことで悩みを相談できる税理士は、意外と数が少ないものです。ですので、この相続コラムでは、相続で発生しがちな問題、三鷹付近の無料で利用できる相談窓口、三鷹の近くで相続に強い税理士を見つける方法などについて解説します。三鷹市で相続にお困りの際に参考にしてみてください。

相続税対策で発生しやすい問題とは

相続が決まった際に発生しやすい問題はいくつかありますが、「遺産の分け方」と「相続税対策」の2点がメインとなるケースが多いものです。

1. 遺産の分け方で発生しやすい問題

故人が生前に遺言書の作成をしているケースはまだまだ少なく、相続が発生してから相続人同士で分け方についてトラブルとなりがちです。

続柄によって配分が決まっているとはいえ「現金預金はどう分けるか」「不動産をどう相続するか」「負債があった場合の対処法」「貴金属や骨とう品の価値がわからない」など、相続ではさまざまな問題が起こります。

遺言書が作成されていたとしても、生前の故人との関係性や親族間で主張がぶつかるなどして、相続で揉めて嫌な思いをする場合もあるでしょう。

こういったトラブルを相続人の力だけで解決するのは難しいため、専門家へ依頼してトラブルを未然に回避することが重要となります。

2.相続税対策で発生しやすい問題

上記のようなトラブルの火種を大きくする原因に、相続税に関する問題も関わってきます。特に不動産の扱いは難しく、普通に相続するだけでも登録免許税や印紙税がかかるうえ、相続した不動産を売却して分配する場合には譲渡税も発生します。

また、相続税の申告には期限があり、相続が発生してから10ヶ月以内には相続税を申告しなければなりません。

相続税は、一定の要件を満たすことで特別控除や軽減措置が利用できる場合があるのですが、相続税の税務に詳しくない税理士へ依頼してしまうと、大幅に割高な相続税を納めなければならないケースもあるのです。

三鷹付近の無料で利用できる相談窓口

それでは、三鷹市内で利用できる無料の相談窓口としては、三鷹市役所が設置している各種専門相談が代表的です。

1.三鷹市役所の各種専門相談

三鷹市役所では、市民向けに、暮らしでの困りごとや悩みにアドバイスがもらえる専門相談窓口を設置しています。前もって予約を申し込む必要があるものの、1人で悩みを抱えている場合や吉祥寺周辺の地域情報を知りたい時などに便利なものです。

弁護士対応の法律相談は月・火・水・金の13 時から15時半の間で30分、税理士対応の税務相談は毎週木曜(時期により飛び石の場合あり)の13時から16時の間で45分となっています。

平日の午後から夕方までと時間が短く、早めの予約が推奨されていますが、三鷹市に住民票がなくても、三鷹付近に通勤や通学している人も利用できる便利な制度です。最新情報や詳細は下記へ連絡して確認してみましょう。

三鷹市総務部相談・情報課:(0422)45-1151(代表)

2.士業事務所の無料相談窓口

「三鷹に住んでいるが23区内に勤務しているため、平日日中の市民相談が利用できない」「遺産の配分や相続税申告、不動産鑑定などについて、自分のケースでもっとも節税できる方法を教えてほしい」といった悩みがある場合は、税理士事務所などの士業事務所が設置している相談窓口がおすすめです。

実際に依頼しなくても、初回の相談は無料で対応しているところがほとんどで、市民相談よりも日程の都合がつきやすく、1時間ほど時間をかけてじっくりと相談に乗ってもらうことができます。

税申告まで時間がない、より詳しい内容の相談がしたいといった時には利用を検討してみましょう。

三鷹市エリアで相続に強い税理士を見つける方法

単に税理士を探すだけなら、三鷹周辺で簡単に見つけることができますが、相続を扱う税理士事務所は限られていることをご存知でしょうか。相続が発生した際、何をもっとも優先して解決するべきかについては、相続のケースによってさまざまです。

1.親族間または故人と他者とのトラブル

親族間でどう遺産を配分するか、不動産をどのように管理していくのか、兄弟姉妹や親戚であらかじめ決めていた約束に急に不満が出たり、故人と第三者との間に金銭的なトラブルが残っていたりする場合など、当事者同士では解決できないトラブルへの対応が急務の場合は、弁護士へ相談することとなります。

ただ、弁護士は相続税の減免等についてはそこまで詳しくないため、相続の税制に明るい税理士とも連携を取るのがよいでしょう。

2.不動産鑑定や相続による登記変更

不動産の登記変更や許認可、不動産の評価額鑑定については、司法書士や行政書士、土地家屋調査士や不動産鑑定士など、さまざまな専門家の力が必要となります。

相続税や固定資産税は、相続した時期によって納付額や納税義務者が変わることもあるため、不動産の相続においても、税理士のアドバイスは重要となってくるのです。

杉並・中野相続サポートセンターにご相談ください!

相続に関する手続きやトラブル解決を進めつつ、相続税を可能な限り抑えるためには、相続税申告に強い税理士のアドバイスが欠かせません。実際に、相続税申告を個人で行う方は少なく、9割近くの方が税理士へ依頼しています。

相続のサポートを依頼すると依頼料が発生しますが、支払った報酬を上回る相続税の減額が実現できるケースが多いからです。相続税申告を税理士へ依頼する予定があるなら、早い段階で相続に強い税理士が在籍している会計事務所などへ相談するのがよいでしょう。

杉並・中野相続サポートセンターでは、2500件を超える相続の相談実績を持っています。無料相談はフリーダイヤルから電話1本で予約が可能で、ケースに応じて弁護士や司法書士等と連携を取り、相続に関する問題を丁寧に解決いたします。お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です